AWS + Docker + Elasticsearch6.3 + Kibana6.3 構築

AWS 上に ElasticSearch + Kibana を Docker Compose を使って作成した際の手順。

AWS

  • t2.medium
  • AMI
  • SSD30GB
  • セキュリティグループで5601ポートにインバウンドで許可をしておく

Docker

アップデートと git インストール。

sudo yum update -y
sudo yum install git -y

docker をインストール。

sudo yum install docker -y
docker -v

docker を起動。

sudo service docker start
sudo usermod -a -G docker ec2-user

docker compose をインストールする。

sudo curl -L https://github.com/docker/compose/releases/download/1.21.2/docker-compose-$(uname -s)-$(uname -m) -o /usr/local/bin/docker-compose
sudo chmod +x /usr/local/bin/docker-compose
docker-compose --version

ElasticSearch + Kibana 構築

Docker Compose を利用して ElasticSearch と Kibana を構築します。

vi docker-compose.yml

ElasticSearch と Kibana の最新バージョンは本家サイトから確認します。Dockerfile は作成しない方針。

version: "3"
services:
  elasticsearch:
    image: docker.elastic.co/elasticsearch/elasticsearch-oss:6.3.1
    container_name: elasticsearch
    environment:
      discovery.type: single-node
    ports:
      - "9200:9200"
    volumes:
      - es_data:/usr/share/elasticsearch/data

  kibana:
    image: docker.elastic.co/kibana/kibana-oss:6.3.1
    container_name: kibana
    environment:
      ELASTICSEARCH_URL: http://elasticsearch:9200
    ports:
      - "5601:5601"
    depends_on:
      - elasticsearch

volumes:
  es_data:
    driver: local

コンテナの起動。

docker-compose up -d

プロセス確認。

docker ps

コンテナを停止したい場合。

docker-compose down

ElasticSearch にアクセス。

curl localhost:9200

下記 URL のようにブラウザから Kibana にアクセスできたら完了。

http:[AWSのパブリックDNS名]:5601

次回はログを流し込んでいく。

参考

ELK Stack (Elasticsearch, Logstash, Kibana) で ELB のログを分析する

docker-compose で Kibana 5.x を使う

スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad