「思考の整理学」を読んで

「思考の整理学」は2年位前に読んで本棚に飾ってあった。
その際に付箋を貼ったところで、心に残ったこと言葉を少し変えて箇条書き。

本書のメインの内容は以下の2つの記事を見たらいい。

「まとめる」ことで思考力は加速する!「思考の整理学」要点 | お土産屋さんブログ

思考を整理する「メタ・ノート」習慣を始めよう! | シゴタノ!

ちなみに、以下の目次は自分で勝手に振り分けたものなので、本の内容とあってないことに注意。
自分用のメモ。

1.習慣について

・師匠の教えようとしないものを奪いとろうとした弟子は、いつしか自分で新しい知識・情報を習得する力を持つようになっている。

・夜に感情的になって書いた文は、翌日の朝に読み返してみろ。

・他の人の考えにも、肯定的な姿勢をとるようにしなくてはならない、「ずいぶん難しそうですが、でもおもしろそうですね」。

・知的行動は3種類。既知のことを再認する、未知のことを理解する、まったく新しい世界に挑戦する。

・まったく新しい世界に挑戦する場合は、一度や二度ぶつかってもわからないので何度でもぶつかっていく、やがて少しずつわかっていく。

・書けないと思っていても、書いてみると自分の中に筋道が立ってくる。

2.アイデアについて

・すばらしい文化を作るには、問題提起を行い、「なぜ」を問うことから。

・アイデア(思考)はしばらく寝させる、その間は考えない、忘れる。

・テーマは一つだと多すぎる、ずっと見てしまい寝させれない。

・調べるときには、何を、なんのために、調べるのを明確にしてから調べる、余計な時間をかけない。

・同じテーマの本を複数読むとき、標準的(入門書的)な本から読む、重複しているところが定説だと感じるようになっていく。

・テーマはシングル・センテンス(一文)で表現されるものでなくてはならない。

・いい考えが思い浮かぶのは無我夢中、散歩中、入浴中。

書評っていうわけではないけど、忘れてしまうには惜しい言葉たちを残しておく。
実際の本の内容は、ブログを書くことにも通じると思いました。

スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad