CentOS7にyumでnginx1.11をインストール

CentOS7にyumでnginxの最新版をインストールする。

nginxインストール

nginx最新版を入れるため、本家サイトに従いnginxのリポジトリを追加する。

sudo vim /etc/yum.repos.d/nginx.repo

以下を記述。enabledを1にすることで、このリポジトリが常時有効になる。

[nginx]
name=nginx repo
baseurl=http://nginx.org/packages/mainline/centos/7/$basearch/
gpgcheck=0
enabled=1

nginxインストール。

sudo yum install nginx

バージョン確認。「nginx version: nginx/1.11.1」と表示された。

nginx -v

デフォルトで組み込まれたモジュールを確認する。

nginx -V

# 以下が表示
nginx version: nginx/1.11.1
built by gcc 4.8.5 20150623 (Red Hat 4.8.5-4) (GCC)
built with OpenSSL 1.0.1e-fips 11 Feb 2013
TLS SNI support enabled
configure arguments: --prefix=/etc/nginx --sbin-path=/usr/sbin/nginx --modules-path=/usr/lib64/nginx/modules --conf-path=/etc/nginx/nginx.conf --error-log-path=/var/log/nginx/error.log --http-log-path=/var/log/nginx/access.log --pid-path=/var/run/nginx.pid --lock-path=/var/run/nginx.lock --http-client-body-temp-path=/var/cache/nginx/client_temp --http-proxy-temp-path=/var/cache/nginx/proxy_temp --http-fastcgi-temp-path=/var/cache/nginx/fastcgi_temp --http-uwsgi-temp-path=/var/cache/nginx/uwsgi_temp --http-scgi-temp-path=/var/cache/nginx/scgi_temp --user=nginx --group=nginx --with-http_ssl_module --with-http_realip_module --with-http_addition_module --with-http_sub_module --with-http_dav_module --with-http_flv_module --with-http_mp4_module --with-http_gunzip_module --with-http_gzip_static_module --with-http_random_index_module --with-http_secure_link_module --with-http_stub_status_module --with-http_auth_request_module --with-http_xslt_module=dynamic --with-http_image_filter_module=dynamic --with-http_geoip_module=dynamic --with-http_perl_module=dynamic --add-dynamic-module=njs-1c50334fbea6/nginx --with-threads --with-stream --with-stream_ssl_module --with-http_slice_module --with-mail --with-mail_ssl_module --with-file-aio --with-ipv6 --with-http_v2_module --with-cc-opt='-O2 -g -pipe -Wall -Wp,-D_FORTIFY_SOURCE=2 -fexceptions -fstack-protector-strong --param=ssp-buffer-size=4 -grecord-gcc-switches -m64 -mtune=generic'

HTTP2で常時SSL化したいので、以下2つ入っていればOKかな。
–with-http_v2_module
–with-http_ssl_module

nginx起動。

sudo systemctl start nginx

サービスとして起動。

sudo systemctl enable nginx

CentOS7のfirewalld

firewalldを有効にする。

sudo systemctl enable firewalld
 sudo systemctl start firewalld

httpサービスを公開する。

sudo firewall-cmd --permanent --zone=public --add-service=http

firewalldをリロードし、設定を反映。

sudo firewall-cmd --reload

起動しているサービスの確認。

sudo firewall-cmd --list-services --zone=public  --permanent

「dhcpv6-client http ssh」と表示される。

この時点でIP直接指定したらnginxのwelcomeページが表示される。

http://xxx.xxx.xxx.xxx

githubに設定ファイルを保存

nginxの設定ファイルはこれから度々修正します。
git管理して変更履歴を追えるようにしとく。

githubでリモートリポジトリを先に作成しておきます。

nginxの設定ファイルがあるディレクトリへ移動。

cd /etc/nginx

ローカルリポジトリを作成。

git init
git add .
git commit -u "first commit"

リモートへ反映。

sudo git remote add origin https://github.com/runble1/nginx.conf.git
sudo git push -u origin master

nginx使い方方針

リバースプロキシ

ユーザのリクエストを受け取り、上位サーバ(アップストリームサーバ)に転送する機能。

主に2つの役割

1.フロントサーバにおけるリバースプロキシ
・ロードバランス(複数のサーバにリクエストを振り分ける)
・コンテンツキャッシュ(ユーザと直接コネクションを持つサーバで行うほうが効率がいい)
・HTTPS通信の終端化

→それぞれのサーバで共通した処理を一括して行うことで、アプリケーションの負荷を減らす

2.Webアプリケーションサーバにおけるリバースプロキシ
・静的ファイルの配信
・リクエストの書き換え
・アクセス制限、不正なリクエストのフィルタリング
・gzip圧縮転送
・リクエストのロギング
・リクエストとレスポンスのバッファリング

参考

CentOS7 + php7 + nginx + php-fpm環境にwordpressインストール

スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad