nginx + uwsgi + Flask で Hello World

こちらの環境で Flask を動かしたいと思います。

pyenv + pyenv-virtualenv で Python仮想環境作成

Vagrant + CentOS7 + Nginx + uWSGI + Python3 で Hello World

Flask を動かす

下記環境に Flask 関連のファイルをまとめます

cd /home/vagrant/work/uwsgi/myapp

Flask をインストールします。

sudo pip install flask

Flask 0.11.1 がインストールされました。

pip list
# 以下が表示
Flask (0.11.1)

Flask アプリケーションを作成します。
Flask 公式サイトの Hello World! を動かします。

vim hello.py
from flask import Flask
app = Flask(__name__)

@app.route("/")
def hello():
    return "Hello World!!"

if __name__ == "__main__":
    app.run()

uwsgi を起動します。
–socket /tmp/uwsgi.sock : ソケットの置き場
–module hello : モジュール名
–callable app : WSGIのコールバック関数の名前
–chmod-socket=666 : ソケットの権限

uwsgi --socket /tmp/uwsgi.sock --module hello --callable app --chmod-socket=666

この状態で uwsgi サーバへアクセスし、Hello World! が表示されることを確認します。

http://192.168.33.11/

uwsgiの設定をまとめる

uwsgi 設定をまとめたファイルを作成します。

vim myapp.ini
module = hello
callable = app
socket = /tmp/uwsgi.sock
chmod-socket = 666

作成した ini ファイルを読み込んで起動させます。

uwsgi --ini uwsgi.ini

無事に Hello World! が表示されることを確認します。

http://192.168.33.11/

さあ、Flask と uWSGI を学んでいきましょう。

参考

Amazon Linux に python3 + Flask + uWSGI + nginx を導入し、本番運用に耐えるウェブサーバを構築

Flask + uWSGI + Nginx でハローワールドするまで @ さくらのVPS (CentOS 6.6)

便利で超強力なWSGIサーバー uWSGI を使ってみよう

スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad