FuelPHP1.7を1.8にバージョンアップ

FuelPHPの1.8系の正式版がリリースされていた。
FuelPHP1.8の個人的な目玉はPHP7に対応したことだ。

FuelPHP releases v1.8

PHP7の環境で使いたいのでFuelPHP1.8.0へバージョンアップする。

FuelPHP1.8.0へバージョンアップ

該当のプロジェクトに入って、バージョンの確認。
今回は 1.7.2 を 1.8 にアップデートすることになる。

php oil -v

# 以下が表示された
Fuel: 1.7.2 running in "development" mode

FuelPHPのcoreはcomposerで管理されているので、composer.jsonを修正してアップデートしたらいい。

バックアップとってから修正する。

cp composer.json ~/domposer.json.backup
vim composer.json

githubに上がっているFuelPHPのプロジェクトを参考にした。

バージョンアップする。

php composer.phar self-update
php composer.phar update

バージョンを再度確認。

php oil -v

# 以下が表示
Fuel: 1.8 running in "development" mode

と表示された。

ただ、特定のファイルはcomposerからはアップデート出来ていないようで、別途修正してやる必要がある。

対象ファイルは以下
fuel/app/bootstrap.php
public/.htaccess
public/index.php
oil

参考にしたサイトは手動で修正していたが、コピって上書きしました。

PHP Fatal error: Uncaught Error: Class ‘Autoloader’ not found in

以下のようなエラーが出た。
oil もアップデートしないといけない。

PHP Fatal error: Uncaught Error: Class 'Autoloader' not found in /var/www/jinja/fuel/core/bootstrap.php:108
Stack trace:
#0 /var/www/jinja/fuel/core/bootstrap.php(26): setup_autoloader()
#1 /var/www/jinja/fuel/app/bootstrap.php(3): require('/var/www/jinja/...')
#2 /var/www/jinja/oil(52): require('/var/www/jinja/...')
#3 {main}
thrown in /var/www/jinja/fuel/core/bootstrap.php on line 108

Fatal error: Uncaught Error: Class 'Autoloader' not found in /var/www/jinja/fuel/core/bootstrap.php:108
Stack trace:
#0 /var/www/jinja/fuel/core/bootstrap.php(26): setup_autoloader()
#1 /var/www/jinja/fuel/app/bootstrap.php(3): require('/var/www/jinja/...')
#2 /var/www/jinja/oil(52): require('/var/www/jinja/...')
#3 {main}
thrown in /var/www/jinja/fuel/core/bootstrap.php on line 108

参考

【FuelPHP】1.7.2から1.8.0へバージョンアップしてみた

スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad