PHP5.5でのphp.iniを設定

php.iniで変更した箇所を残しておく。
多分PHP5.5限定ではないはず。

↓こちらの記事を参考にさせてもらってます。
CentOSのPHPを5.4から5.5にアップデート。OPcacheとAPCuも設定

1. php.iniの設定

error_reporting = E_ALL & ~E_STRICT

error_log = /var/log/php_errors.log

default_charset = “UTF-8”

date.timezone = Asia/Tokyo

session.cookie_secure = 1

session.cookie_httponly = 1

session.hash_function = 1

2. mbstring関係の設定

mbstring.language = Japanese

mbstring.internal_encoding = UTF-8

mbstring.http_input = UTF-8

mbstring.http_output = pass

mbstring.detect_order = UTF-8,SJIS,EUC-JP,JIS,ASCII

次回はOPcache入れるぞ。

参考

CentOSのPHPを5.4から5.5にアップデート。OPcacheとAPCuも設定

PHP: コア php.ini ディレクティブに関する説明 – Manual

スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad