CentOS6.5でNginx1.7とPHP-FPM5.5(FastCGI)を連携してPHPを動かす設定

NginxとPHP-FPMをインストールしたら、とりあえずPHPを動かしたいよね。

NginxでPHPが動いた設定ファイルを残しておく。

ちなみに変更したのはNginxとPHP-FPMだけで、PHP自体の設定は変えてない。
下記の変更以外は全てデフォルトのまま。

環境は
CentOS6.5
Nginx1.7.4
PHP5.5.16
PHP-FPM5.5.16

1. Nginxの設定

まずはNginxの設定ファイルから。

sudo vim /etc/nginx/nginx.conf

以下のような設定。
このファイルは何も変更してなかった・・・はず・・・

user nginx;
worker_processes 1;

error_log /var/log/nginx/error.log warn;
pid /var/run/nginx.pid;

events {
    worker_connections 1024;
}

http {
    include /etc/nginx/mime.types;
    default_type application/octet-stream;

    log_format main '$remote_addr - $remote_user [$time_local] "$request" '
                    '$status $body_bytes_sent "$http_referer" '
                     '"$http_user_agent" "$http_x_forwarded_for"';

    access_log /var/log/nginx/access.log main;

    sendfile on;
    #tcp_nopush on;

    keepalive_timeout 65;

    #gzip on;

    include /etc/nginx/conf.d/*.conf;
}

最後の行の「include /etc/nginx/conf.d/*.conf;」で各バーチャルサーバの設定をインクルードしている。
バーチャルサーバはApacheのバーチャルホストのこと。

そのバーチャルサーバのデフォルトの設定ファイルを開く。
こちらは変更する。

sudo vim /etc/nginx/conf.d/default.conf

以下のような感じ。

server {
    listen 80;
    server_name localhost;

    #charset koi8-r;
    #access_log /var/log/nginx/log/host.access.log main;

    #ここを変更
    location / {
        root /var/www;
        index index.php;
    }

    #error_page 404 /404.html;

    # redirect server error pages to the static page /50x.html
    #
    error_page 500 502 503 504 /50x.html;
    location = /50x.html {
        root /usr/share/nginx/html;
    }

    # proxy the PHP scripts to Apache listening on 127.0.0.1:80
    #
    #location ~ \.php$ {
       # proxy_pass http://127.0.0.1;
    #}

    #ここを変更
    # pass the PHP scripts to FastCGI server listening on 127.0.0.1:9000
    #
    location ~ \.php$ {
        root /var/www;
        fastcgi_pass 127.0.0.1:9000;
        fastcgi_index index.php;
        fastcgi_param SCRIPT_FILENAME $document_root$fastcgi_script_name;
        include fastcgi_params;
    }

    # deny access to .htaccess files, if Apache's document root
    # concurs with nginx's one
    #
    #location ~ /\.ht {
    # deny all;
    #}
}

「location /」ディレクティブ内の「root」ディレクティブと「index」ディレクティブを変更する。
「root」ディレクティブは自分のサイトを置くところディレクトリを指定。
「index」ディレクティブはURLでファイルを指定しなかった場合に実行するファイル。

「location ~ \.php$」ディレクティブはコメントアウトを全て外し、「root」と「fastcgi_param」を変更する。
「root」は同一のもの。
「fastcgi_param」ディレクティブは「/scripts」から「$document_root」に変更している。

設定を変更したら再起動する。

sudo /etc/init.d/nginx restart

エラーが出なかったらOK。
出たら・・・がんばれ。

2. PHP-FPMの設定

続いてPHP-FPMの設定ファイルを開く。

sudo vim /etc/php-fpm.d/www.conf

長かったので途中まで。
変更した箇所は「user」と「group」と「listen.owner」と「listen.group」だけ。

; Start a new pool named 'www'.
[www]

; The address on which to accept FastCGI requests.
; Valid syntaxes are:
; 'ip.add.re.ss:port' - to listen on a TCP socket to a specific address on
; a specific port;
; 'port' - to listen on a TCP socket to all addresses on a
; specific port;
; '/path/to/unix/socket' - to listen on a unix socket.
; Note: This value is mandatory.
listen = 127.0.0.1:9000

; Set listen(2) backlog. A value of '-1' means unlimited.
; Default Value: -1
;listen.backlog = -1

; List of ipv4 addresses of FastCGI clients which are allowed to connect.
; Equivalent to the FCGI_WEB_SERVER_ADDRS environment variable in the original
; PHP FCGI (5.2.2+). Makes sense only with a tcp listening socket. Each address
; must be separated by a comma. If this value is left blank, connections will be
; accepted from any ip address.
; Default Value: any
listen.allowed_clients = 127.0.0.1

; Set permissions for unix socket, if one is used. In Linux, read/write
; permissions must be set in order to allow connections from a web server. Many
; BSD-derived systems allow connections regardless of permissions.
; Default Values: user and group are set as the running user
; mode is set to 0660
listen.owner = nginx
listen.group = nginx
;listen.mode = 0660

; Unix user/group of processes
; Note: The user is mandatory. If the group is not set, the default user's group
; will be used.
; RPM: apache Choosed to be able to access some dir as httpd
user = nginx
; RPM: Keep a group allowed to write in log dir.
group = nginx

PHP5.5.12以降では「listen.owner」と「listen.group」もnginxと指定しなければならないらしい

PHP-FPMも再起動する。

sudo /etc/rc.d/init.d/php-fpm restart

3. PHPファイルの作成・設置

PHPファイルはおなじみのphpinfo()を作ろう。

ドキュメントルートへ移動。Nginxのバーチャルサーバの設定ファイルで指定したとこだ。

cd /var/www

ここにphpファイルを作成。

sudo vim index.php

こんだけ書いて。

<?php
phpinfo();

ドメインとってないならIPアドレスだけ、ドメイン設定したならドメインだけにアクセス。
PHPの画面が表示されたらOK。

ダメなら一度VPSを再起動するのもいいかも。

参考

CentOSにてnginxでPHPを動かす – Qiita

RaspberryPi – nginx + php5-fpm で、php が動いた設定ファイル例 – Qiita

nginx+php-fpmでPHPを動かす。その3 | 徒然メモ

スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad