さくらVPS上のFuelPHPサイトをgit cloneでローカルにもってきたときにやったこと

前回、ローカルのFuelPHPプロジェクトをGitで管理するよう設定した
今回はリモート(さくらVPS)上で動いているFuelPHPプロジェクトをローカル(Mac)にgit cloneする。

ちなみにさくらVPS上のFuelPHPプロジェクトは既にGitで管理しているものとする。
ちなみにちなみに、git cloneする対象はさくらVPS上のローカルリポジトリになる。リモートリポジトリではない。

1. git cloneする

git cloneでリモートにあるリポジトリをローカルにもってくる。
詳細はAtlassianのサイトを参照。

git cloneする際、FuelPHPのコアモジュールをサブモジュール化しているため、–recursiveを指定する。これでサブモジュールごとcloneできる。

service:~/www/it-review/はgit cloneする対象を指定(「it-review」プロジェクトをcloneする)。
sshのconfigファイルを設定していない場合は、runble1@100.100.100.100:~/www/it-review/みたいにかく。

 

git clone --recursive service:~/www/it-review/ it-review


これでカレントディレクトリ内にit-reviewディレクトリが作成されているはず。

実際にサイトを開いてみる下記のエラーが表示された。
fuel/coreと出ているので、コアクラスで起きたエラーになる。

Warning: require(/Users/runble1/work/it-review/fuel/core/classes/autoloader.php): failed to open stream: No such file or directory in /Users/runble1/work/it-review/public/index.php on line 44

Fatal error: require(): Failed opening required ‘/Users/runble1/work/it-review/fuel/core/classes/autoloader.php’ (include_path=’.:’) in /Users/runble1/work/it-review/public/index.php on line 44

git submoduleで組み込まれたサブモジュールのソース管理は独立した状態にあり、git cloneした場合、サブモジュールの内容は空となってしまうとのこと。
そのため別途初期化、更新する必要がある。

git submodule init

git submodule update

これで再び確認してみると以下のエラーが表示された。

Composer is not installed. Please run "php composer.phar update" in the root to install Composer

composerが古いのが原因。
アップデートする。

composer selfupdate

composer update

PHPログファイルへの書き囲み権限がない。
oilコマンドをインストールしていない場合はphp oilとかく。

oil refine install

これで確認できた。

参考

FuelPHPのプロジェクトをGithubでバージョン管理する – sometimes I laugh

git submodule init / update が出来ない!No submodule mapping found in .gitmodules for path が出るときの対処 : にわタコのblog

スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad