MySQL5.6のmy.cnfの基本設定

前回CentOS6.5にMySQL5.6をインストール・初期設定にて、MySQLをインストールした。

今回は簡単にmy.cnfを設定しておく。
・・・といっても文字コードをutf8に統一するだけだけど。

my.cnfでutf8を設定

MySQLへログイン。

mysql -u root -p

MySQLの文字コードを確認する。
もしかしたら、デフォルトでutf8で統一されてるかも。

show variables like “char%”;

以下が表示された。
utf8で統一してほしいな。

+————————–+—————————-+
| Variable_name | Value |
+————————–+—————————-+
| character_set_client | utf8 |
| character_set_connection | utf8 |
| character_set_database | latin1 |
| character_set_filesystem | binary |
| character_set_results | utf8 |
| character_set_server | latin1 |
| character_set_system | utf8 |
| character_sets_dir | /usr/share/mysql/charsets/ |
+————————–+—————————-+
8 rows in set (0.01 sec)

my.cnfを編集する。

sudo vim /etc/my.cnf

デフォルトからいかに変更。

[mysqld]

datadir=/var/lib/mysql
socket=/var/lib/mysql/mysql.sock

symbolic-links=0

sql_mode=NO_ENGINE_SUBSTITUTION,STRICT_TRANS_TABLES

character-set-server = utf8

[client]
default-character-set = utf8

[mysqldump]
default-character-set = utf8

[mysql]
default-character-set = utf8

[mysqld_safe]
log-error=/var/log/mysqld.log
pid-file=/var/run/mysqld/mysqld.pid

変更点は、[mysqld]にcharacter-set-server = utf8を追加。
[client]と[mysqaldump]と[mysql]項目を追加して、それぞれにdefault-character-set = utf8を追加。

MySQLを再起動する。

sudo /etc/init.d/mysqld restart

以下のようになっていればutf8に統一された。

+————————–+—————————-+
| Variable_name | Value |
+————————–+—————————-+
| character_set_client | utf8 |
| character_set_connection | utf8 |
| character_set_database | utf8 |
| character_set_filesystem | binary |
| character_set_results | utf8 |
| character_set_server | utf8 |
| character_set_system | utf8 |
| character_sets_dir | /usr/share/mysql/charsets/ |
+————————–+—————————-+
8 rows in set (0.00 sec)

本当は、もっとバリバリに設定をいじってみようかと思ったのだけど、MySQLのmy.cnfファイルサンプルを見て心が折れた。
いつかチューニングしよう。

参考

MySQL Community ServerのRPMを使用したCentOSへのインストール手順

スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad