CentOS7にMySQL5.7をyumでインストール

CentOS7にMySQL5.7をインストールする。

CentOS7からはMariaDBがデフォルトではいっているが、使い慣れたMySQLをつかっていくことにした。

インストール

下記コマンドでインストール。

wget http://dev.mysql.com/get/mysql57-community-release-el7-7.noarch.rpm
sudo yum localinstall mysql57-community-release-el7-7.noarch.rpm
sudo yum install mysql-community-server

自動起動をonに設定。

sudo systemctl enable mysqld

MySQL起動。

sudo systemctl start mysqld

バージョン確認、5.7.13だった。

mysqld -V

パスワード・セキュリティ設定

rootアカウントの初期パスワードが「/var/log/mysqld.log」に記入されているので確認する。

sudo grep 'temporary password' /var/log/mysqld.log

最低限のセキュリティ設定を行う。

sudo mysql_secure_installation

対話形式で色々聞かれる。

#最初にrootパスワードが聞かれるので、先ほどのパスワードを入力。
Enter password for user root:

# rootパスワードを変更するか聞かれる、変更しとこう。
Change the password for root ? ((Press y|Y for Yes, any other key for No) :

# 匿名ユーザを削除するか聞かれる、削除しとこう。
Remove anonymous users? (Press y|Y for Yes, any other key for No) :

# リモートからのrootでのログインを禁止するか聞かれる、禁止しよう。
Disallow root login remotely? (Press y|Y for Yes, any other key for No) :

# testデータベースを削除するか聞かれる、削除しよう。
Remove test database and access to it? (Press y|Y for Yes, any other key for No) :

# 権限テーブルを再読込するか、再読込しとこう。
Reload privilege tables now? (Press y|Y for Yes, any other key for No) :

文字コードをUTF-8に、パスワードの有効期限をナシにしとく。

sudo vim /etc/my.cnf
[myslqd]
character-set-server = utf8
default_password_lifetime = 0

MySQL再起動。

sudo systemctl restart mysqld

参考

CentOS7にMySQL5.7をYumでインストールする方法

mysql_secure_installation の中身を追ってみた

MySQL 5.7 をインストールしたら最初に行うセットアップ

スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad