Ubuntu14.04にpyenv,Anaconda,MeCabをインストールしPython3環境構築

Anacondaで入れたPython3からMeCabを使いたい。

Vagrant上のUbuntu14.04に構築する。

目次

  1. VagrantでUbuntu14.04環境を作成
  2. pyenvでAnacondaをインストール
  3. MeCabをインストール
  4. mecab-python3をインストール

1. VagrantでUbuntu14.04環境を作成

こちらのサイトから、Ubuntu14.04のboxを追加。
色々あったけどOfficialにした。

vagrant box add ubuntu1404 https://cloud-images.ubuntu.com/vagrant/trusty/current/trusty-server-cloudimg-amd64-vagrant-disk1.box

Vagrantfileの作成。

mkdir ubuntu
cd ubuntu
vagrant init ubuntu1404

仮想環境の起動。

vagrant up

仮想環境へのログイン。

vagrant ssh

パッケージを更新しておく。

sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade

2. pyenvでAnacondaをインストール

pyenvに必要なライブラリをインストール。

sudo apt-get install git gcc g++ make openssl libssl-dev libbz2-dev libreadline-dev libsqlite3-dev

pyenvをホームディレクトリにgit clone。

git clone https://github.com/yyuu/pyenv.git ~/.pyenv

pyenvコマンドを使えるよう。

echo 'export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"' >> ~/.bashrc
echo 'export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc
echo 'eval "$(pyenv init -)"' >> ~/.bashrc
exec $SHELL

pyenvでインストールできるAnacondaを確認。

pyenv install --list

Anacondaの3-2.3.0をインストールする。

pyenv install anaconda3-2.3.0

pyenvで何かインストールした場合は以下のコマンドを実行。

pyenv rehash

Anacondaの3-2.3.0を使うよう設定。

pyenv global anaconda3-2.3.0

3. MeCabをインストール

mecabはapt-getでインストールできる。

sudo apt-get install libmecab-dev
sudo apt-get install mecab mecab-ipadic-utf8

mecabコマンドが実行できればOK。

mecab --version

##以下が表示
mecab of 0.994

4. mecab-python3をインストール

Pythonからmecabを使うためにmecab-python3を使う。

pip install mecab-python3

PythonからMeCabをインポートできれば完了。

ipython
import MeCab

mecabが使えるようになった。

あとはMeCabの辞書に、はてなキーワードやWikipeidaの単語を追加したり、mecab-ipadic-NEologdをインストールしたりして拡張する。

mecab-ipadic-NEologdインストール出来ませんでした・・・

参考

Simple Python Version Management: pyenv

mecab-ipadic-NEologd : Neologism dictionary for MeCab

python3対応 Mecabの紹介 – Python, web, Algorithm 技術的なメモ

スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad