CentOS6.5にPHP5.5をインストール

※追記

その後→CentOS6.5にPHP-FPM5.5をremiからインストールしようとしてダメだった

さらにその後→CentOS6.5にPHP5.5とPHP-FPM5.5をインストール

新しく借りたVPSにPHP5.5を入れてみる。

1. PHP5.5のインストール

epelリポジトリを追加する。
ただ、これはさくらVPSにはすでに入ってるらしく、ファイルが競合していますと出た。

sudo rpm -ivh http://ftp-srv2.kddilabs.jp/Linux/distributions/fedora/epel/5/x86_64/epel-release-5-4.noarch.rpm

epel-release-5-4.noarch.rpmよりも新しバージョンが入っているとのこと。

続いて、remiリポジトリを追加する。
こちらは無事インストールされた。

sudo rpm -ivh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm

PHP5.5をインストールする。

sudo yum install php –enablerepo=remi-php55

バージョンを確認。

php -v

PHP 5.5.16 (cli) (built: Aug 21 2014 08:39:33)
Copyright (c) 1997-2014 The PHP Group
Zend Engine v2.5.0, Copyright (c) 1998-2014 Zend Technologies

無事、PHP5.5.16がインストールされた。

参考

【シンプル】CentOS6にPHP5.5をyumで簡単にインストールする手順田舎に住みたいエンジニアの日記 | 田舎に住みたいエンジニアの日記

CentOS6.5にPHP5.5をインストール | Your Way, My Way, Any Way

スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad