CentOS6.5にPHP5.5とPHP-FPM5.5をyumでインストール

前々回でPHP5.5をインストール後、前回でPHP-FPM5.5をインストールしようとしたらエラーが出た。
その解決編。

ゴール:PHP5.5とPHP-FPM5.5をインストール

1. PHP5.4とPHP-FPM5.4をインストール

一応yumのアップデートを行っておく。

sudo yum update

sudo yum upgrade

remiリポジトリをインストールする。

sudo rpm -ivh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm

その後、PHPとPHP-FPMをインストール。

sudo yum –enablerepo=remi install php php-fpm

これでインストールされるのはPHP5.4系とPHP-FPM5.4系のはず。確認するの忘れた・・・
コマンドは以下。

php -v

php-fpm -v

2. PHP5.5とPHP-FPM5.5にアップデート

PHP5.5とPHP-FPM5.5にアップデートする。

sudo yum update php –enablerepo=remi-php55,remi

これでPHP5.5とPHP-FPM5.5になったはず!
確認しよう。

php -v

PHP 5.5.16 (cli) (built: Aug 21 2014 08:39:33)と出た。

php-fpm -v

PHP 5.5.16 (fpm-fcgi) (built: Aug 21 2014 08:40:52)と出た。

PHP-FPMを起動。

sudo /etc/rc.d/init.d/php-fpm start

OS起動時に一緒に起動するように設定。

sudo chkconfig php-fpm on

確認。

sudo chkconfig | grep php-fpm

以下のようになればOK。

php-fpm        0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off

次回はNginxとPHP-FPMを連携してみる。

参考

CentOSのPHPを5.4から5.5にアップデート。OPcacheとAPCuも設定

スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad