nginx + php-fpmでCentOS7でPHP7を最低限動かす

nginx1.11と PHP7.0, PHP-FPMを連携して動かす。
それぞれのインストール方法は下記を参照。

CentOS7にyumでnginx1.11をインストール

CentOS7にyumでPHP7, PHP-FPM, OPcache, APCuをインストール

PHPを最低限動かす設定

nginx1.11のデフォルトの設定では、「/usr/share/nginx/html」が公開ディレクトリ。
ここにphpファイルを置いて、アクセスできるようにする。

sudo vim /usr/share/nginx/html/index.php
<?php
echo phpinfo();

nginxの設定を修正。

sudo vim /etc/nginx/conf.d/default.conf

「location ~ \.php$」ディレクティブで、PHPファイルに対する設定をおこなう。
nginxの設定ファイルに最初から書かれているので、コメントアウトを外し、rootディレクトリと fastcgi_paramを修正する。

location ~ \.php$ {
    #root html;
    root /usr/share/nginx/html;
    fastcgi_pass 127.0.0.1:9000;
    fastcgi_index index.php;
    #fastcgi_param SCRIPT_FILENAME /scripts$fastcgi_script_name;
    fastcgi_param SCRIPT_FILENAME $document_root/$fastcgi_script_name;
    include fastcgi_params;
}

php-fpm側の修正。

sudo vim /etc/php-fpm.d/www.conf

こっちはuserとgroupをapacheからnginxへ修正するだけでいい。

;user = apache
user = nginx
;group = apache
group = nginx

再起動する。

sudo systemctl restart nginx
sudo systemctl restart php-fpm

IPアドレス直指定して、作成したPHPファイルにアクセスできれば連携はできるようになっている。

http://xxx.xxx.xxx.xxx/index.php

astCGI sent in stderr: “Primary script unknown” while reading response header from upstream

下記のように、rootをコメントアウトしただけだとエラーが出るぞ。

location ~ \.php$ {
    #root html;
    fastcgi_pass 127.0.0.1:9000;
    fastcgi_index index.php;
    #fastcgi_param SCRIPT_FILENAME /scripts$fastcgi_script_name;
    fastcgi_param SCRIPT_FILENAME $document_root/$fastcgi_script_name;
    include fastcgi_params;
}

参考

nginx と PHP-FPM の仕組みをちゃんと理解しながら PHP の実行環境を構築する

nginx+php-fpm

スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad