Google Data Studio + BigQuery で Stackdriver で収集したデータを可視化

Nginx のログを Google Data Studio で可視化したい。

Google Data Studio

GOOGLE DATA STUDIO* ベータ版

Google Data Studio は無料で使えるデータ可視化ツール。

GCP の機能の一つというわけではないが、Google Analytics なども含めた Google Cloud という更に大きなくくりに含まれているため、GCP との連携もできる。

操作性自体は BI ツールほど自由度は高くない。しかし、十分な機能をもっている。

Data Stuio レポート作成

前回 BigQuery に nginx アクセスログを保存している。このデータを可視化して、レポートを作成してみる。

はじめにデータの接続をおこない、Data Studio で BigQuery上 にあるデータを取り扱えるようにする。

新規の空白レポートから作るため、DataStudio の画面より

  1. 新しいレポートの開始
  2. 空白を選択、無題のレポートができあがる
  3. 新しいデータソースを追加
  4. Google コネクタの選択で「BigQuery」
  5. プロジェクト→データセット「nginx_stackdriver」
  6. 表「nginx_access_YYYYMMDD」
  7. 接続
  8. レポートに追加

続いて、取り込んだデータソースをグラフ化する。今回はレコード数の折れ線グラフを作ってみよう。

  1. メニューの「挿入」→「期間」を選択
  2. 方眼紙上で範囲選択できるようなってるので、好きな大きさで設置
  3. グラフが作成される

これだけで自動で折れ線グラフが作成される。

どんなグラフを表示しているのかを見てみよう。グラフを選択すると以下のようになっている。

  • データソース:nginx_access_YYYYMMDD
  • ディメンション : 時間ディメンション「receiveTimestamp」
  • 指標 : Record Count

時間毎のアクセス数(=レコード数)を折れ線グラフとして表示していることがわかる。

参考

GOOGLE DATA STUDIO* ベータ版

スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad