FuelPHPのDB接続の設定

久しぶりに FuelPHPに戻ってこれた。
FuelPHPでデータベースの接続を設定する場合の話。

テスト・本番で DB接続環境が異なる場合、fuel/app/config/ 直下の development ディレクトリと production ディレクトリ内の db.php を、それぞれ編集する。
共通の設定は fuel/app/config/db.php を編集する。便利!

デフォルト環境は development になっており、環境変数($_SERVER[‘FUEL_ENV’])や bootstrap.php から環境を変更できる。
しばらくは developmentでいいかな。

接続先のフォーマットは、PDO ドライバと MySQL ドライバがある。

1.PDOドライバでのDB接続

おそらく、FuelPHP のDB接続フォーマットのデフォルトは、 PDO フォーマットになっている。
自分も今後 PDOを使おうと思うので、好都合。

以下、公式ドキュメントより。

// PDO ドライバで PostgreSQL を使う設定
'production' => array(
    'type' => 'pdo',
    'connection' => array(
        'dsn' => 'pgsql:host=localhost;dbname=fuel_db',
        'username' => 'your_username',
        'password' => 'y0uR_p@ssW0rd',
        'persistent' => false,
        'compress' => false,
    ),
    'identifier' => '"',
    'table_prefix' => '',
    'charset' => 'utf8',
    'enable_cache' => true,
    'profiling' => false,
    'readonly' => array('slave1', 'slave2', 'slave3'),
),

2.MySQLドライバでのDB接続

データベース名などをパッと確認したい場合は、こっちのほうが見やすいかな。

'development' => array(
    'type' => 'mysqli',
    'connection' => array(
        'hostname' => 'localhost',
        'port' => '3306',
        'database' => 'fuel_db',
        'username' => 'your_username',
        'password' => 'y0uR_p@ssW0rd',
        'persistent' => false,
        'compress' => false,
    ),
    'identifier' => '`',
    'table_prefix' => '',
    'charset' => 'utf8',
    'enable_cache' => true,
    'profiling' => false,
    'readonly' => false,
),

見やすいのは MySQLフォーマットだけど、今後のことを考えて PDOに慣れるべきかな。
設定が終わったら使ってみよう

参考

Database はじめに – クラス – FuelPHP ドキュメント

スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad