Stackdriver Monitoring で GCE と Nginx を監視する

このブログは GCE 上で WordPress を利用して運営している。

GCPと親和性の高い Stackdriver を利用して、このブログを監視していきたい。
ログの量が月額50G以内であれば無料枠に収まる。

Stackdriver 設定

GCP のコンソールから Stackdriver を選択し、Stackdriver アカウントを作成。

対象GCEに Stackdriver monitoring agent をインストール。

curl -O https://repo.stackdriver.com/stack-install.sh
sudo bash stack-install.sh --write-gcm

下記にディレクトリが作成される。

ls -la /etc/stackdriver/

Stackdriverのコンソールより

  1. Uptime Checks
  2. Uptime Checks Overview
  3. Create Uptime Checks
  4. New Uptime Check 画面で以下に修正し、Save する
    Title : blog
    Check Type : HTTPS
    Resource Type : Instance

10分ほどしたら、Stackdriverコンソール上でグラフが表示されるようになる。

グラフは Resources → Instances → 自分のインスタンス名 で確認できる。

デフォルトで何を取得している?

設定ファイルは以下に存在するので確認してみる。

less /etc/stackdriver/collectd.conf

以下がデフォルト設定(書き方きたないな・・・)。

Interval 60

# Explicitly set hostname to "" to indicate the default resource.
Hostname ""

# The Stackdriver agent does not use fully qualified domain names.
FQDNLookup false

LoadPlugin syslog
<Plugin "syslog">
  LogLevel "info"
</Plugin>
# if you uncomment this, you will get collectd logs separate from syslog
#LoadPlugin logfile
#<Plugin "logfile">
#  LogLevel "info"
#  File "/var/log/collectd.log"
#  Timestamp true
#</Plugin>

LoadPlugin df
<Plugin "df">
  FSType "devfs"
  IgnoreSelected true
  ReportByDevice true
  ValuesPercentage true
</Plugin>

LoadPlugin cpu
<Plugin "cpu">
  ValuesPercentage true
  ReportByCpu false
</Plugin>
LoadPlugin swap
<Plugin "swap">
  ValuesPercentage true
</Plugin>
LoadPlugin interface
LoadPlugin disk
LoadPlugin load
LoadPlugin memory
<Plugin "memory">
  ValuesPercentage true
</Plugin>
LoadPlugin processes
LoadPlugin tcpconns
LoadPlugin write_gcm
LoadPlugin match_regex
LoadPlugin match_throttle_metadata_keys
LoadPlugin stackdriver_agent

<Plugin "processes">
  ProcessMatch "all" ".*"
  Detail "ps_cputime"
  Detail "ps_disk_octets"
  Detail "ps_rss"
  Detail "ps_vm"
</Plugin>

<Plugin "disk">
  # No config - collectd fails parsing configuration if tag is empty.
</Plugin>

<Plugin "tcpconns">
  AllPortsSummary true
</Plugin>

LoadPlugin exec
# Monitor the Stackdriver Logging agent. This should fail gracefully if for any
# reason the metrics endpoint for the Logging agent isn't reachable.
<Plugin "exec">
  # The script doesn't need any privileges, so run as 'nobody'.
  Exec "nobody" "/opt/stackdriver/collectd/bin/stackdriver-read_agent_logging" "http://localhost:24231/metrics"
</Plugin>

LoadPlugin aggregation
LoadPlugin "match_regex"
<Plugin "memory">
  ValuesPercentage true
</Plugin>

PostCacheChain "PostCache"
<Chain "PostCache">
  <Rule "processes">
    <Match "regex">
      Plugin "^processes$"
      Type "^(ps_cputime|disk_octets|ps_rss|ps_vm)$"
    </Match>
    <Target "jump">
      Chain "MaybeThrottleProcesses"
    </Target>
    Target "stop"
  </Rule>
  <Rule "otherwise">
    <Match "throttle_metadata_keys">
      OKToThrottle false
    </Match>
    <Target "write">
      Plugin "write_gcm"
    </Target>
  </Rule>
</Chain>

<Chain "MaybeThrottleProcesses">
  <Rule "default">
    <Match "throttle_metadata_keys">
      OKToThrottle true
      TrackedMetadata "processes:pid"
      TrackedMetadata "processes:command"
      TrackedMetadata "processes:command_line"
      TrackedMetadata "processes:owner"
    </Match>
    <Target "write">
       Plugin "write_gcm"
    </Target>
  </Rule>
</Chain>

# if you have other config, especially for plugins, you can drop them
# into this directory
Include "/opt/stackdriver/collectd/etc/collectd.d"
Include "/etc/stackdriver/collectd.d"

簡単に読む限りでは、1分間隔で以下の一般的なサーバメトリクスを取得している。

  • syslog
  • df
  • cpu
  • swap
  • processes
  • exec
  • tcpconn
  • memory

Nginx を監視

アプリケーションのメトリクスは Agent にプラグインをインストールしなければならない。

今回は WordPress に利用している Nginx を監視してみる。

まず、Nginx 側で Nginx のステータス情報ハンドラを有効にする必要がある。

root 権限で行う。

sudo su

Nginx のフォルダに status.conf を配置。

(cd /etc/nginx/conf.d/ && curl -O https://raw.githubusercontent.com/Stackdriver/stackdriver-agent-service-configs/master/etc/nginx/conf.d/status.conf)

Nginx 再起動。

systemctl restart nginx

Stackdriver 側で Nginx モニタリングプラグインを配置。

(cd /opt/stackdriver/collectd/etc/collectd.d/ && curl -O https://raw.githubusercontent.com/Stackdriver/stackdriver-agent-service-configs/master/etc/collectd.d/nginx.conf)

Stackdriver を再起動。

systemctl restart stackdriver-agent

これで Stackdriverコンソールの Resources から Nginx を選択することができる。

参考

【GCP入門編・第15回】 GCP から AWS までモニタリングできる Google Stackdriver を紹介!

【GCP入門編・第16回】アプリのパフォーマンスを視覚的に確認できる Stackdriver Monitoring を紹介!

【GCP入門編・第17回】 Stackdriver Monitoring で Google Compute Engine を監視しよう!

Nginx プラグイン

スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad