FuelPHP1.7をUbuntu12.10にsudoを使わずインストール

前回FuelPHP で URL 指定してアクセスしたら「Not Found」[FuelPHP入門]の流れで、FuelPHPを再インストールしてみた。
しかし、結果は「Not Found」。

ただ、Ubuntu12.10 に FuelPHP の環境構築[FuelPHP入門]のときと違い、ホームディレクトリに sudo を使わずインストールしたので記録を残しておく。

てか、ホームディレクトリにインストールする際って sudo 使うべきじゃないんだな。root権限になってしまうから。
インストールするときは sudo って考えてたよ。

1.FuelPHPをsudoを使わずインストール

FuelPHP のインストールに必要な git や oil のインストールはUbuntu12.10 に FuelPHP の環境構築[FuelPHP入門]参照。

インストール先は ホームディレクトリ内の Eclipse ワークスペース直下に。
ワークスペースは ~/workspace4.3.1。

cd ~/workspace4.3.1

FuelPHP のインストール。

oil create fuelphp

ここで、エラーっぽい画面が表示された。
FuelPHP の 1.6 以降から 「Composer により定義された依存ライブラリを取得する」とのこと。
Composer を入れる。

cd ~/workspace4.3.1/blog
php composer.phar self-update
php composer.phar update

最後のコマンドを打つと以下のエラー。
パーミッション関係っぽい。

[ErrorException]
unlink(/home/runble1/.composer/cache/files/psr/log/fe0936ee26643249e916849d
48e3a51d5f5e278b.zip): Permission denied

そういえば、以前 Composer を使おうとしたことがあったような・・・
ホームディレクトリの .composer を確認してみる。

cd ~
ls -al

.composer の所有者が root になってた(sudo で以前入れてたっぽい)。
ディレクトリ以下全ての所有者を runble1 へ変更。

sudo chown -R runble1 .composer

もう一度 Composer をアップデート。

php composer.phar update

今度は成功。
blog.localhost へアクセス。するとまたエラー。

Fuel\Core\FuelException [ Error ]:
Unable to create or write to the log file. Please check the permissions on /home/runble1/workspace4.3.1/blog/fuel/app/logs/. (mkdir(): Permission denied)

また、パーミッションか。
「必要なディレクトリを書き込み可能にするため」以下のコマンドを実行。

oil refine install

blog.localhost でウエルカムページが表示されれば完了。

・・・だがしかし!
blog.localhost/post へアクセスすると「Not Found」・・・

参考

インストール方法 – インストール – FuelPHP ドキュメント

スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad