ローカルのVagrantにAnsibleでZshをインストール

Vagrantの仮想環境にAnsibleを使って自動で開発環境を構築する。

最終的にはさくらVPSにさくらVPSのCentOS6.5で一番最初に行う基本設定で行った設定をAnsibleで行えるようになりたい。

Vagrant環境は前回と前々回で設定している。
MacにVirutalBoxとVagrantをインストール
MacにVagrantでCentOS6.6仮想環境を構築

1. Ansibleインストール

Ansibleをインストールする。

brew install ansible

バージョン確認。

ansible –version

ansible 1.9.2がインストールされた。

2. AnsibleでVagrantに接続

Vagrantファイルの編集

vim Vagrantfile

基本はプライベートネットワーク設定のコメントアウトを消すだけ。

Vagrant.configure(2) do |config|
    config.vm.box = "ceontos66"
    config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.10"
end

インベントリファイルを作成する。

vim hosts

[pylocals]
pylocal

sshコマンドからログインできるようにする。
まずは仮想環境を起動。

vagrant up

sshのconfigファイルに仮想環境の情報を追記する。
pylocalというホスト名。

vagrant ssh-config –host pylocal >> ~/.ssh/config

内容はこんな感じ。

cat ~/.ssh/config

Host pylocal
HostName 127.0.0.1
User vagrant
Port 2222
UserKnownHostsFile /dev/null
StrictHostKeyChecking no
PasswordAuthentication no
IdentityFile /Users/runble1/vagrant/python/.vagrant/machines/default/virtualbox/private_key
IdentitiesOnly yes
LogLevel FATAL

sshで接続確認。

ssh pylocal

AnsibleからVagrantのローカル環境、pylocalにpingを飛ばしてみる。

ansible -i hosts pylocal -m ping

pylocal | success >> {
“changed”: false,
“ping”: “pong”
}

3. PlaybookからZshをインストール

プレイブックを作成する。

vim test-playbook.yml

今回はZshをインストールする。
name=zshのところを変えれば、違うソフトもインストールできる。

- hosts : pyservers
  user : vagrant
  sudo : yes
  tasks : 
   - name : zshをインストール
     yum : name=zsh state=installed

プレイブックを実行。

ansible-playbook -i hosts test-playbook.yml

Zshがインストールされた確認しよう。

ssh pylocal

zsh –version

Ansible自体の説明はこのサイトがとても詳しいので。

参考

Vagrant + Ansibleを試してみる | log

[Ansible] Vagrantで構築した仮想マシンに対してAnsibleを試した時のメモ – Qiita

スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad