Mac El CapitanのEclipse4.5 MarsをPleiades化してJavaでHello World

Mac El CaptianにJavaの開発環境を作ってHello Worldする。

Eclipseでコーディングして、Eclipseで実行する。
Eclipseは最新版のMarsを使おう。さらにPleiadesにする。

JDKが必要になるので以下のサイトからダウンロードしてインストールしておく。

Download the Latest Java LTS Free
Subscribe to Java SE and get the most comprehensive Java support available, with 24/7 global access to the experts.

自分の環境には既にはいってた。

runble1Pro:~ runble1$ java -version
java version "1.8.0_20"

Eclipse4.5 Marsインストール

ここからtar.gzをダウンロードしてくる。

Eclipse Downloads | The Eclipse Foundation
The Eclipse Foundation - home to a global community, the Eclipse IDE, Jakarta EE and over 415 open source projects, including runtimes, tools and frameworks.

こんなファイル名。

eclipse-jee-mars-2-macosx-cocoa-x86_64.tar.gz

解凍したらEclipse.appができるので、アプリケーションフォルダに配置。
一度起動して、Dockに追加しておく。

EclipseのPleiades化

下記サイトより、Pleiades本体ダウンロードから最新版をダウンロード。

統合開発環境 Eclipse 日本語化プロジェクト - Pleiades

解凍してできたpleaiadesディレクトリにfeatures、pluginsがあるので、この「中身」をEclipseディレクトリ内にコピーする。
ディレクトリごとコピるとダメ・・・

コピー先のfeatures,pluginsディレクトリは下記ディレクトリ内にある。

/Applications/Eclipse.app/Contents/Eclipse

コマンドでコピーする。
Finderでたどる場合は、Eclipse.appを右クリックし「パッケージの内容を表示」を選択。

cd ~/Downloads/pleiades
cp -Rf features/* /Applications/Eclipse.app/Contents/Eclipse/features/
E

eclipse.iniを編集する。

vim /Applications/Eclipse.app/Contents/Eclipse/eclipse.ini

下記を追記、パスは各自書き換えておくこと。

-javaagent:/Applications/Eclipse.app/Contents/Eclipse/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar

起動して日本語になってたらOK。

Tomcatインストール

以下サイトよりダウンロード
バージョンは8.0.32、coreのtar.gzを選択。

Apache Tomcat® - Apache Tomcat 8 Software Downloads

解凍したらApplicationディレクトリに配置しておく。
どこでもいいらしい・・・

続いて、Tomcatプラグインを下記よりダウンロード。

http://www.eclipsetotale.com/tomcatPlugin.html

解凍すると「com.sysdeo.eclipse.tomcat_3.3.1.jar」というファイルができる。
こいつをpluginsディレクトリに配置。

cp com.sysdeo.eclipse.tomcat_3.3.1.jar /Applications/Eclipse.app/Contents/Eclipse/plugins/}

Eclipseを再度起動する。
すると猫っぽいアイコン3つが追加で表示されているはず、右上らへんに。

Tomcat用に環境設定しておく。

Eclipse→環境設定→Tomcat といき、以下を選択(バージョン8がない)
・Tomcatバージョンに、バージョン 7.x
・Tomcatホームに「/Applications/apache-tomcat-8.0.32」

Tomcat起動アイコン(一番左)をクリックし、http://localhost:8080/へアクセス。
Tomcatの画面が出たら完了。

最後にプロジェクトを作る時のショートカットを設定しておく。

ウィンドウ→パースペクティブ→パースペクティブのカスタマイズ→ショートカット→Javaにて、以下をチェック
・Java プロジェクト
・Tomcat プロジェクト

新規プロジェクト作るときに、↑の2つがショートカットで選択できるようになる。

JavaでHello World

最後にHello Worldやるで。

Eclipseの中で完結するJavaプロジェクトと、Tomcat使ってブラウザに表示するTomcatプロジェクトがある。
両方やってみよう。

Javaプロジェクト

ファイル→新規→Javaプロジェクトを選択し、HelloWorldと命名。

左側のHelloWorld→srcを右クリック→パッケージを選択。
testというパッケージを作成。

testを右クリック→クラスを選択。

こんなファイルが作成される。

package test;

public class Hello {
}

これを、こう変更。

package test;

public class Hello {
    public static void main(String[] args){
        System.out.println("Hello World!");
    }
}

Eclipseの緑色の実行アイコンをクリック。
するとEclipseの下にあるコンソールに、「Hello World」が表示される。

Tomcatプロジェクト※この方法は古い

※この方法はモダンじゃないようです、動的Webプロジェクトを使いましょう

ファイル→新規→Tomcatプロジェクトを選択し、HelloWorldTomcatと命名。

ワークスペースにHelloWorldTomcatができるので、
コンソールには赤文字でズラズラと何かでる。一旦無視。

パッケージとクラスを作る。
プロジェクトを右クリック→クラスを選択。
パッケージ名をtest、クラス名をhelloとしてみた。

hello.javaをいかに修正。

package test;
import java.io.*;
import javax.servlet.*;
import javax.servlet.http.*;

public class hello extends HttpServlet {

    public void doGet(HttpServletRequest request, HttpServletResponse response)
    throws IOException, ServletException
    {
        response.setContentType("text/html");
        PrintWriter out = response.getWriter();
        out.println("<html>");
        out.println("<head>");
        out.println("<title>Hello World!</title>");
        out.println("</head>");
        out.println("<body>");
        out.println("<h1>Hello World!</h1>");
        out.println("</body>");
        out.println("</html>");
    }
}

web.xmlを置く。置かないとダメ。

プロジェクト内のWEB-INFを右クリック→新規→ファイル→web.xmlという名前で作成。

web.xmlを右クリック→次で開く→Textエディター。
下記をペースト。

<?xml version="1.0" encoding="ISO-8859-1"?>
<web-app xmlns="http://java.sun.com/xml/ns/j2ee"
xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
xsi:schemaLocation="http://java.sun.com/xml/ns/j2ee http://java.sun.com/xml/ns/j2ee/web-app_2_4.xsd"
version="2.4">
<servlet>
<servlet-name>hello</servlet-name>
<servlet-class>test.hello</servlet-class>
</servlet>

<servlet-mapping>
<servlet-name>
hello
</servlet-name>
<url-pattern>
/servlet/hello
</url-pattern>
</servlet-mapping>

</web-app>

下記URLにアクセス。

http://localhost:8080/HelloWorldTomcat/servlet/hello

Hello World!

参考

Macの環境設定(1) Javaの開発環境を整える

MacのEclipse をPleiadesで日本語化する

Eclipse 4.4 Luna の日本語化 (Mac | OS X 10.9)

とらちのぶろぐ: MacでEclipseを使ったJava EE開発環境の構築

EclipseにTomcat8を導入してJavaでサーブレット開発をしよう!

Tomcatプラグインのインストール

Javaプロジェクトの作成

コメント

タイトルとURLをコピーしました