CentOS6.5にAPCuをインストール・設定

Zend OPcacheをインストール・有効化(Nginx+PHP-FPMの場合のPHP設定反映方法)の続きって訳でないけど続き。
おそらくAPCuを単体で使うことはないだろうし。

1. APCuをインストール

前提として、remiリポジトリを入れてPHP5.5をインストールしとくこと。

APCuをインストールする。

sudo yum install php-pecl-apcu –enablerepo=remi-php55,remi

インストールされたか確認。

yum list installed | grep php

以下の項目が表示されていればインストールされている。

php-pecl-apcu.x86_64 0:4.0.6-1.el6.remi.5.5

ブラウザからphpinfoでも確認してみよう。

PHP-FPMを再起動。

sudo /etc/rc.d/init.d/php-fpm restart

Nginxも再起動。これで反映されたはず。

sudo /etc/init.d/nginx restart

phpinfoにブラウザからアクセスしたらAPCuの項目があるはず。

設定はこちらを参考にして色々変えていこう。

参考

CentOSのPHPを5.4から5.5にアップデート。OPcacheとAPCuも設定

PHP 5.5ネーティブキャッシュの話

スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad