WordPressのリビジョンから消えた記事(上書きされた記事)の復活

1.WordPressのリビジョンで助かった

あせった。

WordPressにログインして昨日書いた記事を確認しようとしたら、かなり初期の段階の記事が出てきた。

そんな最初の記事は保存していなかったのになぜ・・・?と思いながら、サルベージをした記録が以下。

まあ、記録ってほどじゃないんだけど。

復活方法はとても簡単で、WordPressのリビジョン機能を使えばよかった。

記事編集画面右側の「公開」に「リビジョン:2」とある(数字は適当)。

ここの「表示」をクリックするとリビジョン画面が表示され、スライダーや「前へ・次へ」ボタンから記事を復活できる。

しかし、このリビジョン管理、少し問題があるらしい。

過去の生地が復活できるってことは、その記事の分だけ、どんどん容量が増えていく。

なので、公開した記事のリビジョンは削除、下書きの記事のリビジョンはそのまま保存、という形が望ましいのかな。

それとも全記事にリビジョンを1つか2つ残しておくか。

前者はともかく後者はプログラムに追記してできるらしい。

また、既に作成されたリビジョンの削除はプラグインで行なうらしい。

ここら辺はまた今度。

【参考】

リビジョン管理

wordpressのリビジョンと自動保存を停止、回数制限する方法

スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad