MacのローカルにApach,PHPの開発環境を整える(デフォルト版)

Macは元々 Apacheと PHPがデフォルトで入ってる。
本当に便利!MySQLは入ってないらしいけど!!

簡単やけど、一応、開発環境を整える忘備録を残しておく。

それぞれのソフトのバージョンは以下のようだった。
・Apache2.2.26
・PHP5.4.24

MacのバージョンはOSXの10.9.4。
PHP5.5がデフォルトで入るようになるのはいつになるだろう。

1. Apacheのインストール

まあインストールしたわけじゃないけど。
Apacheを起動するだけ。

iTerm2で以下のコマンドを実行。

sudo apachectl start

バージョンを確認。
このMacではバージョン2.2.26だった。

httpd -v

Apacheが起動しているか確認。以下にアクセス。

http://localhost/

2. PHPのインストール

PHPをインストールする、、、っていっても Apacheの PHPモジュールを有効にするだけ。

sudo vim /etc/apache2/httpd.conf

PHPのモジュールのコメントを外す。
これでPHPが有効になる。

<pre>#LoadModule php5_module libexec/apache2/libphp5.so
LoadModule php5_module libexec/apache2/libphp5.so

バージョンを確認してみよう。
5.4.24だった。

php -v

ドキュメントルートにPHPのファイルを置いてみる。
デフォルトだと /library/WebServer/Documents になってた。

ドキュメントルート以下にindex.phpをおいて、アクセス。
ちゃんと表示されたらOK。

http://localhost/index.php

バーチャルホストとかも設定しないとなー。
MySQLは次回!

参考

PHPerがMacbookAirを買ったら直ぐにすること 2012 – Qiita

MacでApache+PHPの環境を構築する – Qiita

スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad